Fashion

ドメブラとは?定義や特徴、定番ブランドをアパレル店員が徹底解説!

こんにちは。sosukeです。

 

・ドメブラとは何か?

・ドメブラの特徴って何?

・どんなドメブラがあるの?

ということを、解説していきます。

 

今はファストファッションやセレオリを着ているけど、もっと上めの価格帯の新しいスタイル取り入れたいな。

だったりする方とか、

有名で基礎として知っておきたいモードブランド知りたいなって方が得する記事です!

 

ドメブラの世界の扉を開きましょう。きっと泥沼にハマります。

 

今回は日本を代表するドメスティックブランドをご紹介します。

世界でも評価の高い日本のモードブランドたちです。

洋服は欧米起源ですが、日本だって負けてはいません。

 

世界的にみても、半端ない消費量ですし

そのころから日本のファション業界はアッツアツです。

パリコレなど世界を舞台に戦い続ける日本人デザイナーが数多くいらっしゃいます。

  

ではいきます!

 

 

ドメブラとは?定義を紹介

f:id:agepeople:20181203122638j:plain

ドメブラとは、ドメスティックブランドの略称。

日本に拠点を置き活動し、メイドインジャパンのものづくり精神が宿るデザイナーズブランドです。

 

広くいえば、日本人デザイナーが手がけるファッションブランド

として括られることが多いですね。

 

東京コレクションでショーを行ったり、展示会を開いているようなブランドです。

 

記事の後半で、代表てきなブランドを紹介します。

 

ちなみにそれと対になるインポートブランドは、海外を拠点に活動する外国人デザイナーのブランドのこと。

海外から輸入されているもので、有名なのは

プラダ、グッチ、ヴィトンなどなど。

 

ドメブラよりも高価なブランドがほとんどです。

 

ドメブラの特徴は?

f:id:agepeople:20181229133548j:plain

それでは、ドメブラの特徴をご紹介いたします。

デザイン性が高い

ドメブラの特徴は、そのデザイン性です。

 

パリコレやミラノコレクションに参加していたり、それに強く影響を受けているブランドだけあって、デザイン性が高いです。

 

インポートブランドに引けを取らないデザインですね。

 

素材からこだわって選んでいたり、特殊なパターンで不思議な形をしていたりします。

 

大量生産ではできないような服を扱っているのです。

 

価格帯はセレオリ以上インポート未満

ドメブラは、服オタクにとっては「コスパ良い」

一般人からしてみれば、馬鹿高い服です。

 

シャツで2万~4万くらいが多いです。

(ヨウジヤマモトやコムデギャルソンなど世界に名を馳せているドメは、例外的に上限がないくらい高い)

 

質が良い

質はインポートよりも良いのではないかというぐらい良いですね。

 

日本製はやはり優れているのか、縫製や作りが非常にしっかりしています。

型崩れも全然しないので、基本的には長年愛用できる服ばかり。

 

日本人の体型に合う

日本で活動してるブランドだけあって、日本人に似合いやすい服が多いです。

 

インポートブランドですと、海外サイズで大きかったり色合いが派手派手なものが多かったりする傾向があります。

 

が、ドメスティックブランドに関しては比較的落ち着いているものも多く、サイズも日本サイズなので非常に挑戦しやすいものになっています。

 

代表的なドメブラは?定番を10ブランド紹介します。画像あり!!

代表的なドメブラをまとめて知れる機会は意外とないと思われますので、今回ご紹介いたします。

 

まずはここからしっておくべき10選です!

かいつまんでざっくり説明するので、ルック見て雰囲気とか知ってください!

 

Yohji Yamamoto

 

まずはこちらのブランド。ヨウジヤマモトです。

 

山本耀司という日本人デザイナーでトップクラスに有名ですね。

 

「黒の衝撃」をパリコレで巻き起こしたデザイナーです。

 

当時はコレクションで黒はタブーでした。

またボディコンといって身体に密着したタイトなシルエットが常識だったのをドレープしたオーバーサイズでモード界に革新を起こしたブランドです。

 

反骨精神があり男臭さもあり時代に流されないスタイルがカッコ良い。熱狂的なファンが多いです。

 

COMME des GARÇONS

 

 

川久保玲が設立したブランド。

 

世界でもっとも影響力のあるデザイナーランキングでは川久保玲はトップ5の常連となっています。

 

ヨウジヤマモトと一緒に、黒を使いダメージ加工を施した服などボロい服を発表しモード界を変えていきました。

 

慶應を卒業していて、服飾の専門は行っていないことでも有名です。

 

ブランドのラインがメチャメチャ多いし話すことが多過ぎて説明し切れません。。

 

 

ISSEYMIYAKRE

 

三宅一生のブランドです。ヨウジギャルソンミヤケで日本のモードブランド御三家みたいな感じの扱いです。

 

衣服をファッションではなく、デザインとして捉える視点に注目が集まりました。

 

 

綺麗なプリーツや特殊な生地感など単体で見ていて面白く個性的なモード服が並びます。

 

 

Sacai

 

 

サカイは阿部千登勢によるブランド。

 

日常の上に成り立つデザイン、を掲げ、スタンダードなものにひねりを加えたデザインが特徴的で、異素材ミックスや前衛的なシルエットや柄で見た瞬間サカイっぽい!のがわかるアイテムが多い。

 

レディースが強いイメージがあるがメンズもめちゃくちゃカッコ良いです。

 

 

Kolor

 

阿部潤一のブランドです。

2005年スタートで、一気に日本を代表するブランドまで上り詰めました。

 

パターン、素材、縫製のバランスにこだわっていて、時代の気分にフィットするデザインが人気となっています。

 

素材使いや色使いは斬新で攻めてはいるもののとても着やすい。

例えばダンボールニットやナイロン混のウールニットなど。

絶対見たことないと思いますよ。

 

そんな阿部氏の異名は、「素材の魔術師」

 

 

UNDERCOVER

 

デザイナーは高橋盾です。

 

モードとストリートの狭間を攻めるブランドで、裏原ストリートを牽引し一世を風靡しました。

 

当時はカルト的人気で入手困難でプレミアがついていたそう。いまでも30前後の方は好んで来ているのではないかと思います。

 

若干パンキッシュなテイストもミックスされています。

 

 

 

ANREALAGE

 

森永邦彦によるブランドです。

 

 

ブランド名であるANREALAGEは、

A REAL-日常

UN REAL-

非日常

AGE-時代

を意味しています。

既存の概念を再構築しているようなブランドで、コレクションには最新のテクノロジーが使われていたりします。

 

最近も、暗いところにいくと発光する服、出していたと思われます。

 

N.HOOLYWOOD

 

 

尾花大輔のブランド。

 

古着やヴィンテージをベースとして服作りを行っているブランドです。

シルエットと素材に定評があります。

ミリタリーのサンプリングなど、古着好きを刺激する服ですが、デザインは意外と着やすい服です。

霜降りパーカーが有名ですね。

 

様々なブランドとコラボレーションを行っていて、コンバースやバンズ、G-SHOCKとなんかもコラボをしています。

 

 Doublet

井野将之がデザイナーを務めるブランド。

ここ最近流行っている新鋭ブランド。

 

「違和感のある日常着」をコンセプトに掲げ、ストリートに尖った服です。

世界観カッコ良いです。カオス刺繍とか、ファージャケットとかでヒットしたイメージ。

 

世界最大級のファッションコンテスト「LVMH Prize for Young Fashion Designers 2018(LVMHプライズ)」のグランプリ受賞ブランドです。

 

 

AURAREE

 

岩井良太のブランド。こちらも2015年スタートなので新しい。

 

コンセプトは、世界中から厳選した原料と日本屈指の生産背景で本当に良いと思える素材を追求。その素材の個性を活かし、時代の気分を反映しながら、上質で洗練された洋服を作ること。

 

生地めっちゃ良いです。スウェットとかニットとかすごく柔らかくて着易かったです。

 

特に輝いた東京ブランドに贈られるFashion prize of tokyo を受賞し、来年からはパリデビューします。注目したいですね!

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか!?

 

ドメブラのことを知っていただけたでしょうか?

 

どれもオシャレな服を出しているブランドですよね!

 

カジュアルブランドの服とは一線を画していて、見ているだけでも癒されます。笑

 

この10のブランドは、とりあえず知っておいて間違いないところです。

 

とはいっても日本のブランドはごまんとあります。

僕の知らないブランドも数しれず。

 

今回のブランド紹介を入口に、どんどん新しいブランドをディグっても面白いかと。

 

今日はこれにて。

読んでいただきありがとうございました。