Fashion

WEARのコーデはダサい。マネする人間違ってない?

こんにちは。SSKです。

 

最近、てかずっと思ってたことなんですけども。

 

WEARに載ってるコーデダサい

 

ですよね?そう思いません?

上位にランクイン!とかやってるけど、正直ぼくにはあまり理解できません。

 

もちろんオシャレだなあと思う人もいます。

WEARというアプリは今一番勢いのあるスタートトゥデイがリリースした、誰でもコーデを共有できるしアイテムのページにすぐ飛べる機能だったり利便性も高いアプリなんですよね。

 

ただその反面弊害もガッツリ生まれてしまっていると思うのです。

 

 

 

WEAR一位のコーデは元々はオシャレに興味ない人用のコンテンツ

wearのコーデって元々はオシャレに興味ない人用のコンテンツなんですよ。

 

代表的なのはメンズ一位と呼び声高いげんじさん。

www.instagram.com

 

この方はファッションユーチューバーとして活躍されています。

自らのファッションブランド「リドム」も立ち上げており、ファッションユーチューバー界のトップに君臨しています。

 

この方がファッションの入り口になった方も多いのではないでしょうか?

 

この方の広めたオシャレ理論はとてもわかりやすいです。

ドレス&カジュアル理論、モノトーンプラス一色理論、AラインシルエットVラインシルエットetc…

確かにこの合わせ方なら失敗はしないだろうなと思える理論です。

 

というのも、もともとこういった用語はファッション業界にかねてからありました。

またファッションブロガーのMB氏をげんじ氏がパクったともいわれています。

www.neqwsnet-japan.info

こちらがMB氏のブログです。

 

この方のブログのコンセプトはなんと

「オシャレがわからない人が最速でオシャレになる方法」

なんですよね。

だからこそ理論でファッションを説明しているのです。

 

MB氏もそれを模倣したげんじ氏もターゲットは同じ。

つまり、オシャレに興味ない人向け

なんですよ。

 

オシャレに興味ない人が楽にオシャレできる。

だからこそ支持されてきたし、それによって幸せになった人が多いのも事実です。

 

オシャレに興味ない人向けのコーデをマネする大衆

彼らはオシャレがわからない人向け、オシャレじゃない人がオシャレになると自信がついたりモテたりするよねといったQOLの向上を謳い文句に人気を集めてきました。

 

ところがどっこい、それをマネした同じ服を着て発信する人が現れます。

気づいたらみんなでオシャレに興味ない人向けのコーデをすることになりました。

マネして発信してそれをマネしている者同士が褒め合うコミュニティ、残念ながらそれがWEARの現状です。

 

その結果、、、。

簡単にオシャレになれる。

という裏を返せば「妥協のオシャレ」というものがWEARには溢れかえっています。

 

別にWEARのコーデを真似することが悪いことと言いたいわけではないのですが、純粋に服を楽しんでいる側からすると「その価値観は少し狭いよなあ」と思ってしまうんですよね。

 

もしかしたら共感してくれる方は多いのかもしれません。

 

本当に価値あるものは何か?

今お話したようなWEARのコーデは目に触れやすいです。

 

本当のオシャレ上級者向けコンテンツを発信している人はしばしば良く知らないブランドを着ているし、どうやって検索かけたら出てくるのか分かりづらいですよね。

 

ですがそういったところからも情報をキャッチしなにがカッコよくてなにがカッコよくないか。

様々なインプットのなかから判断できるとオシャレはもっと楽しいんだと思うんです。

 

ファッション、楽しんでいこうと思いやす。