恋愛・モテ

チャラいと言われる方が良い?チャラ男はモテます【理由を解説】

この記事では、チャラ男からモテの本質について学ぶことができます。

特に非モテに悩む方、「実は全然チャラくないんですけど」という男性にこそ読んでほしい内容です。

別にチャラくなることを目指すわけではなく、チャラい男から学べるモテについての内容です。

どうもSosukeです。

あなたのまわりにも、チャラいやつっていますよね。

「チャラい」という言葉のイメージは良くないものの、彼らはある程度女性には困っていないとは思いませんか?

もしあなたが

  • 非モテで彼女ができない
  • 奥手でどう女性にアプローチしてよいかわからない

ことを悩んでいるのであれば、チャラそうな男のことを心底嫌いなことでしょう。

ですが嫌いという感情で終わってはもったいないです。

チャラ男から学べることはたくさんあると思います。

チャラ男にはいいところもたくさんあります。

今回はそれを盗んであなたもモテの良い波に乗ってやりましょうという記事。

ちなみに僕の恋愛の実績を軽く語ると

20歳まで生粋の非モテ。中学の3か月しか彼女がいませんでした。

そこから半年間でアプリやストリートでの出会いを通して、キャバ嬢やサロモなどの普通に生活していてはなかなか出会えない可愛い女性といい思いをすることができました。

非モテ時代には、告白してフラれた回数は数えられないし、好きな女性にひたすら貢いだりしていた闇の時代があります。

そんな僕の経験に基づき、過去のモテない自分に対し発信するような気持でこの記事を書いています。

遠回りした僕の後悔や気付きを知っていただくことにより、あなたには最短ルートで進んでいただいて、より努力のいらないヌルい人生を送っていただければと思います。笑

今回は、「チャラ男はモテるから、非モテはチャラそうといわれることを目指すべき理由」というテーマで、チャラい男から学ぶべきことを話します。

チャラい男はうまく下心を表現できる【チャラ男のいいところ】

ちょっとばかりチャラ男のいいところをご紹介。

「うまく下心を表現する」

チャラい男はこれができるんですよね。

ストレートに好意を伝えることができます。

「可愛いね」の一言を言えるんです。

対してチャラさのチャの字もないような、奥手な非モテはぎりぎりまで好意を隠し、いきなりプロポーズでもするかのように告白をしてしまっているんです。

モテない頃の僕がそうでした。

女性にデートを誘うときに、「あなたに興味あるから」ではなく、「このお店は男だけで行きづらいから」とか言ってみたり

デート中も手をつなぐこともなく女性を褒めることもなくいきなり3回目のデートだからっていう理由でいきなり告白してみたり、、。

もちろん結果は惨敗。

なぜ惨敗してしまっていたかというと、友達のフリをして仲良くなっていったのに、いきなり告白してビックリさせてしまったから。

通称「フレンドシップ戦略」というのですが、非モテがやりがちなモテないアプローチの仕方の代表例みたいな感じの戦略です。

一方チャラ男はそうではなくて、あくまでも恋愛に発展しようとしているという心づもりでお近づきになります。

そんなチャラ男からの告白に女性は「ビックリした」や「友達だと思っていた」という定番フレーズで断る可能性は少ないのではないでしょうか?

これがチャラ男のいいところ。わかりやすくていいね。

繰り返しますが

下心をうまく表現する

これってめちゃくちゃ大事です。

特に恋愛慣れしていない男性は下心を表現することに抵抗があると思うので少し意識しておくとかなり変わりますよ。

理由は、相手に男性として認識してもらえるからです。

これをしないと、「友達にしかみれない」

って言われてしまうことにつながります。

恋愛は、ストレートに。最短距離で。

これは、非モテ男性にとっては鉄則だと思います。

テクニックとしては駆け引きなんかもありますが、あれは相手から好意を寄せられているとわかった状態でやるから効果があるもので、基本的になくても恋愛市場で余裕で戦えます。

男の恋愛に駆け引きなんて必要ないって話【無駄だから何も考えない】 「きになるあの子をどうやって落としたら良いんだ、、?」 「恋愛は得意ではなくてモテない方だから、駆け引きが必要かどうか知りたいな...

チャラい男は女性に選択の重さを肩代わりしている

チャラい男って軽いイメージですよね。

軽いってよくない言葉な気がするんですが、むしろ長所と言っても大丈夫。

軽いのは良くないことだ

というのはわかるのですが、これは付き合った後の話のことを言っています。

決してまだ知り合って間もない相手への感情

のことではありません。

ここ勘違いしていると残念ですが一生モテないですね。。

重ための愛情は、相手が受け止めれるまで自分のことを好きになってもらわないと成立しません。

そもそも重いとか軽いとかは相手が決めることなので、まだ片想いの段階では軽いくらいがちょうどいいと思いませんか?

相手に好きになってもらえば、相手の受け入れられる愛情のキャパは増えていくので、その時に存分にやればいいと思います。

しかし、付き合う前となると話は別です。

チャラ男は軽いからこそ、デートに誘えます。

軽さを演出してあげることで、誘いにOKするハードルがぐっと下がるんですよね。

「ちょっと行ってみてもいいかな~」

こう思ってくれるんです。

一方で、非モテは気合いの入ったお誘いをしてしまうのでモテません。

いざ改まって緊張した様子で

「今度僕とデートしませんか!素敵な夜景をお見せするんで!!!」

って言われてしまったら考えちゃうじゃないですか。

思い決断を強いているような感じがしてしまうんですよね。

それよりも、

「ちょっとお茶いかね?」

くらいの誘い方したほうがちょっとくらいならいいか~ってなるんです。

まあ行ってしまったらちょっとじゃ終わらないんだけどねw

チャラいというイメージ=陽キャ感

恋愛においては陽キャ感が大事なんです。

モテ=陽キャ感

です。

『チャラい』ってイメージがついた時点で陰キャではなく陽キャだと思われますよね?

つまり楽しそう~ってことなんで、お堅い雰囲気をまとうよりは明らかにとっつきやすいキャラです。

「彼には私しかいない」男よりも、「いろんな女の人から評判良いけど、私にだけ優しくしてくれる」男

のほうが絶対カッコ良いしモテそうですよね。

これを目指していくとよいと思います。

チャラそうって言われたらチャンス【あなたは試されている】

チャラそう」と言われたら、チャンスタイム来た!と思ってOKです。

あなたは試されていて、そこで女性の不安を取り除いてあげれば好きになってもらえるはずです。

もし仮にあなたが女性からチャラそうといわれたとします。

その時点でチャンス。確変。

チャラいと思われているということは、

女性は「遊ばれそうで不安」と思っているということです。

「チャラいから嫌だ」

ということではなく

「チャラそうにみえるけど実際はどうなの?私を大事にしてくれる?」

という裏のメッセージが込められているほとんどなので参考にしてみてください。

これが、あなたが試されているという意味です。

女性はこのように不安を解消するためにテストします。

ですから、チャラいと言われることを恐れる必要はありません。

そこまで進めているのですから、むしろ成功です。

また、恋愛では重要なギャップを生み出す源泉にすることができますし。

というのも

チャラそうだけど意外と真面目→萌え

チャラいけど動物好き→萌え

チャラいけど家族思い→萌え

みたいな感じですw

実はめっちゃ便利なチャラさ。

チャラいからダメって人も少ないですしね。

ということなので、根が真面目な非モテこそチャラそうだねって言われるようなギャップがってもカッコ良いと思います。

やりすぎ注意ですが。

読んでいただきありがとうございました。

告白してもいつも驚かれてうまくいかない→下心が足りてないぜ【大学生の経験談】   こんなお悩みを、解決します。   告白って、勇気いりますよね。   今まで関係性を築き上げてきた好きな人に対し、リスクを背負って好...