恋愛・モテ

デートの誘いを断られたら諦めるべき?【再チャレンジはあり】

こんにちは。Sosukeです。

今回は、デートの誘いを断られた時は諦めるべきか?

切り返し方はどうするのが正解なのか?

やってはいけない対応はなにか?

を書いていきます。

デートに誘うのに苦戦している男子必見です。

ちなみになんかよくわからんやつが恋愛について語っているな、と思われると思いますが、僕は二十歳まで彼女いない歴=年齢の非モテでしたが、恋愛を勉強して時にはストリートに繰り出したりして彼女を作ったり、割と良い思いをしているので僕の記事の説得力はそれなりにあると思います。

【結論】諦めなくてOK

結論から言うと、一回断られた段階では諦めなくてOKです。

可能性はまだまだあると思います。

それであきらめるのは早すぎるからです。

女性側の気持ちとしては、一回だけで諦められると「一回断られたくらいで諦めるんだ」みたいに思われることがしばしばあるみたいです。

さすがにそれはそれでちょっとめんどくさい。。

ですが、基本的に女性は追いかけられたい生き物ではあるので、そう感じることがあるようです。

ただぶっちゃけ、遊び目的であれば断られた人に再びチャレンジするのは非効率であることは事実ですね。

他にもっと食いつきがよさそうな女性にアプローチしてしまったほうが効率だけで言ったら高いです。

ただ好きなら諦めないわけにはいかないのが男ですよね笑

そうなってくると話は別で、残っている可能性があるのであれば積極的に動いていくべき、というのが僕の意見です。

大丈夫です、可能性は全然あるので。

それでは、どのように立ち回ったらうまくいくのでしょうか?

デートの誘いを断られた時に考えられる理由

ではまず、なぜ誘いを断られたのか?

というところが気になることですよね。

大まかにどんな理由が考えられるかというと

  • 予定があったから(ほんとは行きたかった)
  • その人にあまり興味がなかった(つまり、行きたくない)

大きく分けてこの二種類があると思います。

この二つをジャッジするとしたら、相手の食いつきの違いです。

文面通り解釈すればよいかといわれるとそういうことでもなく、「予定がある」の答えがもしかしたら建前で、断る口実にしているからかもしれないからです。

前者の場合、あなたへの好感度が原因で断られたわけではありません。

相手もかなり行きたいときは「ほかなら空いてる日あるよ」など行きたい感をだしてくれるはずです。

後者は、交わされているような雰囲気を感じると思います。

たとえば「しばらく忙しくて予定がわからない」とあやふやにされたり、「また今度ねー」みたいな具体的に応じるアクションをとらない場合はこっちかなと思います。

理由別に立ち回り方を考えていきます。

予定があって断った場合

これに関しては誘っていかないと相手がかわいそうなレベルです。

相手も行きたかったのにやむなしで断っている感じなので。

自信を持っていくべきパターンです。

相手も乗り気だった場合、違う日程案を出してくれる場合もあると思います。

その場合は、その会話の流れでアポをとってしまいましょう。

問題は、うまく進まなかったとき、自分に興味を持ってもらえず断られたパターンですよね。

日程案が出されなかった場合【こっちが本題】

問題の、日程案を掲示してくれなかった場合の立ち回り方です。

この場合は、下手に押さないほうが良いです。

行きたくないのに押されると、余計に行きたくないという気持ちが強まってしまいます。

「宿題やりたくないのに、やれやれうるさいからさらにやりたくなくなったわ」

みたいな感じです。

基本的な立ち回り方としては、誘うのは一旦やめて、会話やラインでさらに和んで忘れたころにしれっと誘う

だと思います。

その理由を以下に書いていきます。

誘い文句やデート内容は関係ない

そもそも、女性がなぜデートに行きたくないと考えるのかというと、あなたを男性としての魅力が足りないのではないか、二人で遊んでもあまり盛り上がらないのではないかと思われているからです。

つまり、誘い文句やデートの内容がつまらなそうだから断った

わけではないということです。

いまのはちょっと悲報なのですが、これを挽回してからでないといってみようかなとはならないわけです。

ですので、あなたがもっと面白い人だと思ってもらうこと、二人で遊んだら楽しそうだと思われるまで和んでから再チャレンジしたら良いです。

目安としては、一か月後とか、電話で話すくらい仲良くなれたら再チャレンジして良いかと思います。

断る理由を聞くのはナンセンス【タブーもある】

断られたときにやってはいけないことがあります。

それは、「なんで断るの?」

と理由を深掘りしまくるということです。

これはなんでいけないかというと、相手は気まずくならないように最小限のダメージで断りたいと考えるので、もし本音が「あなたがタイプじゃないから断った」だったとしても、「忙しくて~」と言ってきます。

過度な自責マインドはよくないとはいえ、断られたら「自分の魅力不足だから出直そう」くらいに考えるのが成功の秘訣です。

最終的には、自分のことが好きになれるような行動を

結局はこれです。

人生は決断の連続です。

決断をするときは、自分のことをより好きになれる決断をしていくべきです。

たぶん諦めちゃったら後悔してあなたは自分のことを好きになれないです。

断られて理由をしつこく聞きまくっていたら情けない自分を好きにはなれないですよね。

いまのセリフ、自分良いこと言ったなと思っていて、僕はますます自分のことを好きになれそうです笑

後悔しない選択で、自分を好きになって幸せになってください。

そのための方法は、いろいろブログ記事を書いているのでご覧ください。

恋愛本のオススメ5選。初心者がモテるようになる【目的別】 こんにちは。SSKです。   この記で事は、恋愛初心者でもモテるようになる考え方やノウハウが身につく本を紹介します。 実際に人気が高く...