webライター

【未経験初心者には難しい】webライターを少しナメてた。なってみて思ったこと

こんにちは。sosukeです。

 

僕はあと半年と少し大学生です。

大学在学中にいろんなお金稼ぎを経験しようと思い、未経験でwebライターになってみたのですが、ぶっちゃけナメていました。

 

実際のとこ、めちゃ難しいです。

初めてみたら、割とテストライティングで落とされるんですね。

 

 

実際にwebライターになってみて思ったことを、話します。

 

ライターになったときの記事はこれ。

大学生がランサーズでwebライターになってみた!方法は?どれくらい稼げる? – SSK Blog

 

 

ぶっちゃけ、ライターナメてた【難しいし稼げない】

f:id:agepeople:20190619174835j:plain

ごめんなさい。

ぶっちゃけた話webライターをナメていました。

 

「ブログである程度は執筆経験あるし、まあバイトの時給よりは高く稼げんじゃね。」

こんな感じのノリでライターをはじめました。

 

しかし、そんな簡単にいくはずもなく、、。

 

クライアントからダメ出しは普通にあります

恥ずかしながら僕が「良い文章書けたわ。」

と思って納品しても、余裕できつめなフィードバックがありますし、テストライティングで落とされます。

 

つまり、僕が納得するクオリティであっても、クライアントからしてみたら

「コイツの書く文章は大したことないな。」

と思われてるわけです。

 

フィードバックの内容【恥だけど公開します】

フィードバックの内容を公開します。

僕的には恥ずかしいので嫌なのですが、それをいっても仕方がないです。

 

スバリ、「リライトの疑い」です。

全然知らない分野の記事だったので、調べつつ文章を書きました。

 

調べたサイトの表現と似過ぎていて、SEO的によろしくないという評価です。

 

リサーチすること自体は悪くないし、webライターにとっては必須のスキルです。

しかし、意味を変えずに表現を変えてそのサイトより高いクオリティで世に出すということは、想像以上に難しいです。

 

・複数の情報ソースを理解するまで読み込むこと

・コピペして使うことを一切禁止すること

で解決を図ってみます。

 

【理由】文章書くだけなら誰でもできるという勘違い

正直、文章を書くだけなんだから誰でもできるだろ。

と思っていた節があります。

 

これが、完全に僕の勘違いでした。

初心者はここが注意点になると思います。

 

webライターが達成すべき目的は、文章を書くことではない

確かに、webライターがやっていることは、、

 

クライアントが書くテーマを決め、文章の構成まで用意してくれる。

ライターは、その与えられたテーマと構成にしたがって、文字にする。

 

こんな感じ。

誰でもできると思ってしまうかもしれません。

 

しかし、僕らwebライターはこの作業を通してgoogleで検索1位をとるような記事を書かないといけないわけです。

これが真の目的。

 

クライアントが求めていることは

与えられた文章構成にしたがって文章に起こすこと

ではなく

クライアントのwebサイトのgoogleからの検索流入を増やすこと

です。

 

受注している記事テーマや構成だって、SEOで勝つことを目的に決められているはず。

仕事なので、勝たなきゃ意味ないですからね。

 

形にするだけなら誰でもできるんですよ。

しかし、検索順位1位を取っている記事より質で上回らなければクライアントのニーズには答えられていないよね。って感じです。

 

そして、頼めるライターさんは僕以外に何人もいます。

僕はその何人もいる中で採用されるようなクオリティの高い文章を書くヤツにならないといけない。

 

これは、なかなかにシビア。

正直な感想として、あんまり知らない分野のライティングを任せられるのでオリジナリティは出せず超差別化しにくいし、めっちゃ難しいです。

 

僕は、webライターを続けます

f:id:agepeople:20190616172354j:plain

前半でwebライターは難しいなどと色々言いましたが、それでもやっぱり僕はwebライターを続けます。

いくつか理由がありますので、書いていきます。

 

時給ベースの報酬じゃないからこそ、成長できるから

働いてお金をもらうことについてなんですけど、僕は今までアルバイトしかやったことがありませんでした。

 

アルバイトは時給¥1,000とかで、シフトに入れば報酬が約束されます。

これって本質的じゃないなとは思っていて。

 

確かにバイトの管理はそれが一番楽だと思うので、時給で働かせることが間違ってるとは思いません。

が、バイトからしたら「自分の貢献度」は謎ですよね。

 

ぶっちゃけ、サボっている人と頑張っている人と報酬は一緒です。

 

とはいえ、稼ぐことの本質は、「シフトに入ってくれた時間」じゃなくて「与えた価値の対価」なはずであり、こういった感覚を自分に落とし込みたいのです。

 

この「与えた価値=稼げるお金」の価値観の元で仕事をして稼げるようになっていけば、わかりやすく成長していると言えるはず。

 

SEOスキルは、僕が今めっちゃ欲しいから

正直、僕がwebライターをナメていることがわかっただけで良い文章が書けるはずもなく、クライアントの目的を達成するためにはSEOスキルが必須です。

 

・読者のニーズ

・内容の密度

などを追求する必要があるのです。

理屈でわかっているだけではダメで、それを与えられたテーマでのライティングに落とし込まなければならない。

 

こればかりは積み重ねていくしかなく、働きながら学ぶというような感覚でやっていくしかありません。

 

今はキツ目なフィードバックをたくさんされるかもしれません。

が、即対応で挽回するのみ。

 

さすれば、僕にスキルが蓄積されていきます。

すると、、提供できる価値が増える→稼げる

という感じです。

 

そして、SEOスキルはブログを伸ばすためには必須なので、このブログも多くの人に見てもらえるかもね。

あと、来年は新卒でwebディレクターとして制作会社に入社するので、そこで活躍できる下地になったらなお嬉しい。

 

頑張ります。

読んでいただきありがとうございました。