webライター

webライター初心者へ!文字単価0.5円未満の案件は切れ!【ライティングで稼ぐ】

こんにちは。Sosukeです。

 

僕は大学生でwebライターとしてお小遣い稼ぎを行なっています。

 

大学生がランサーズでwebライターになってみた!方法は?どれくらい稼げる? – SSK Blog

 

初心者ライターの方、これから副業でライターに挑戦しようと思っている方向けに

 

『初心者でも文字単価0.5円未満の案件は受けるな!』

 

ということを書いていきます。

これを守って仕事をバンバン提案していくと、webライターとして稼ぐのを挫折することが少なくなると思います。

 

搾取されないライターになろう。

 

 

初心者でも文字単価0.5円未満の案件は受けなくてOK

f:id:agepeople:20190622084832j:plain

今回の記事の主張は、文字単価0.5円未満の案件はやらなくてOKです。

ということですね。

 

そもそも文字単価というのは、1文字あたりいくらの報酬がもらえるのかというライティング案件の価格の指標のこと。

 

以下で理由を解説します。

ギリギリ0.5円がバイトより稼げるか稼げないかのボーダーだから

さすがに、副業で新しいことにチャレンジするからにはアルバイトよりは稼ぎたいというのが本音でしょう。

 

文字単価0.5円が、アルバイトより稼げるか稼げないかのボーダーだと思っています。

 

僕の場合、1時間で2,000文字程度書くことができます。

 

ということは、文字単価0.5円の案件であれば1時間に1,000円を稼ぐことができるというわけです。

 

実際は、詰まってしまいあまり書き進められない記事も中にはあると思うので0.5円でも時給1,000円に満たないことはザラです。

 

が、最低でもこのくらい単価があればバイトと同等に稼げる見込みがあるということ。

 

バイトより稼げないと、挫折するから

0.5円未満の案件を受け続けていると挫折しますよ。

 

なぜなら、やってもやってもお金にならないから。

 

極端な話、ポイントサイトで会員登録しまくるくらいには退屈になってしまうんじゃないかと思っています。。

 

なんでかというと

 

webライターのビジネスモデルは、クライアントからふられた記事を書いてその対価としてお金をいただくというもの。

 

つまり、稼げるお金には上限があるんですね。

 

時間をかければお金が稼げる訳ではなくて、案件を受けた時点でもらえるお金の上限がわかっているんです。

 

モチベ的に、この記事書いてもこれしかもらえないんだな

という風になってしまい、長続きしないと思います。

 

もっと高い案件も受けることができるのだから、どうせならそっちやろうぜという話。

 

余談ですが、同じ文章を書くという仕事でも個人のブログの広告収入で稼ぐという形であれば稼げる額に上限がないし、自分に積み重なってきます。

こういう場合書くモチベーションはもっと違うところにあるんですよね。

 

シンプルに、初心者も文字単価1円や2円の案件を受注できるから

これは事実です。

 

僕も、ランサーズに登録しwebライターとして活動してから3日後には文字単価2円の案件を受注しました。

 

「初心者だからまずは単価の低い仕事じゃなきゃ受けられない、、。」

これはウソでした。

 

今まで時給1,000円のバイトしかしてこなかった大学生なんかは文字単価2円の案件だと稼げすぎてビックリしちゃうのですが(僕がそうでした)、webライターの仕事はそんなもんですね。

 

文字単価0.05円とかで初心者を育成するよと謳っている案件やるより(こういう案件ガチでたまにある)

積極的に単価の高い仕事に提案しまくってより稼げるようになっていくべきだと思います。

 

せっかくやるなら普通にそっちの方が楽しいし。

 

0.5円〜の案件はバンバン受けるべき

f:id:agepeople:20190614133605j:plain

ここからは、webライターはどのように仕事を選んでいけば良いかということについて書いてみようと思います。

 

まずは、0.5円以上の案件はバンバン受けて良いというのが僕の考えです。

 

普通にバイトするくらいは稼げる可能性を残しつつ、数をこなして成長しようという考え方です。

 

一応探せば文字単価2円の初心者にしては高単価な案件も獲得できますけど、やはり数は多くないです。

 

高単価案件一本釣りだと、さすがに経験が積めずに成長しないです。

 

ですので、最初に仕事を探す際は、

0.5円以上の案件がないか?

という基準で仕事を探すのはありだと思います。

 

最初はスキルを身につけるイメージ

正直、文字単価0.5円も安いですよね。

 

これは共感します。

 

とはいえ、執筆に慣れることはとても大事なんですよね。

そもそも文章を早く書くことができるし、スキルになります。

・SEO

・リサーチ力

・文章構成力

などなど、ライティングでは様々なスキルを身につけることができます。

 

バイトと同じくらいしか稼げなくても、得るものはバイトよりは多いかなと思っています。

バイトで身につくスキルも大事かもですが、割とみんな経験してて差別化できないし、何年かやったら頭打ち。

そもそも、そのバイト先にしかないメニューの料理を早く作れるようになったとて、、。

という感じ。

 

ライティングなら、活かせる分野はいくらでもあります。

 

こういうところで努力した方が賢くないですか?

 

マインドブロックをぶち壊して、高単価を狙おう

f:id:agepeople:20190614133804j:plain

 スキルを身につけつつ、高単価の案件は常に狙っていきましょう。

 

先ほども話した通り、ちょっと高いくらいの案件なら初心者でも余裕で取れます。

 

・遠慮して低い案件ばかり狙う

・自信がないのでタスク案件ばかりやる

など、あんまり良くないです。

 

変に遠慮して提案しなかったりしても成長に繋がらないし稼げないので、ここに関してはアグレッシブにいくべき。

 

僕もついつい自分に限界を定めてしまい提案する手が止まってしまったり、単価の少ない案件ばかり提案してしまったりします。

 

ただ、ライティングで言えば思ったよりも高単価の案件にもチャンスがあるので、限界突破していきませんかという話です。

 

読んでいただきありがとうございました。