Work

人生は金!?ウシジマくんvsホリエモン『金に洗脳されるな!』洗脳された俺が読んだ

こんにちは。Sosukeです。

今回は、ある一冊の本を読んだところ僕の中で学びがあったので、それについて書いてみようと思います。

 

ウシジマくんvsホリエモン『金に洗脳されるな!』

という本です。

 

僕は闇金ウシジマくんが好きです。

映画も見るし、原作も読みます。

 

アングラな世界観、社会の闇から垣間見える人間模様。

とても好きです。勉強にもなる。

 

かなり本質的なことが書かれているのではないかなと思っています。

 

作者も実際に裏社会の人間と取材を重ねていたり、与沢翼氏にインタビューもしてい流のです。

この本ではホリエモンとの対談も付録として残されています。

 

そんなウシジマくんは、度々ホリエモンとコラボして本を出していますよね。

 

今まで読んだことはなかったのですが、ちょっと興味が出たので読んでみました。

 

堀江氏の著書は何冊か読んだことがありますが、違った切り口で書かれていて面白かったですよ。

ウシジマくんvs.ホリエモン カネに洗脳されるな! (小学館文庫)

ウシジマくんvs.ホリエモン カネに洗脳されるな! (小学館文庫)

 

 

 

 

「奪るか奪られるかなら、俺は奪る方を選ぶ!」 本の内容まとめ

f:id:agepeople:20190702124105j:plain

ウシジマくんが原作の一話で放った言葉です。

 

この本は、奪るか奪られるかという現代社会において、いかにして生きれば奪られない人生になるか、つまり奪る側に回る生き方とは?というテーマです。

 

奪るというのは、カネ、時間、など人生に大事な要素すべてのこと。

 

ざっくりこの本では、こんな感じのテーマで展開していきます。

 

カネの本質とは?

この本では金の本質に迫ります。

 

この世のほぼ最下層ギリギリをさまよう人間がウシジマくんの登場人物です。

彼らの奮闘から、お金や仕事の本質を学ぶことができるのです。

 

・お金をいかに楽して儲けようかという価値観の歪み

・お金しか頭にない薄っぺらさ

 

本質が見えていないと、上記の感じになっちゃうらしい。

 

特に印象的だったのが、ウシジマくんの中のストーリー「フリーエージェントくん」を取り上げ、金の本質に迫った部分。

 

フリーエージェントくんとは、情報商材ビジネスにハマった人間の末路、みたいなお話です。

 

彼らはホリエモンをロールモデルにしているそうだが、実はホリエモンは彼らがあまり好きではない様子。

 

ホリエモンが伝えているのは

金は目的ではなくて手段。金の本質は信用である

ということ。

 

つまり、金を目的にする情報商材屋は間違っているということ。

 

信用の先にお金があるし、本当に重要なのはそのお金を使って何をするかということなのです。

 

お金だけを持っていて貯め込んでいても何も意味がないし、手段としてのお金を使ってより良い経験をして、情報を取り、信用を貯めていくと良いよ、という話。

 

ウシジマくんの登場人物のセリフから、人生の本質をクリティカルに突いていく描写はめちゃくちゃおもろい。タメになる。

 

人生を奪られる思い込みの話

盲信して搾取される情報弱者にならないためのヒント。

 

ホリエモンは他の著書でもこう主張しています。

「思考を他人にとられるな。自分の頭で思考しろ。」

 

思考停止に陥ってしまい、論理的な判断ができずに盲目的に信じてしまう。

そして、騙される、、。

 

これは恐ろしいですよね。 

 

物事を知らないor真面目すぎるという理由だけで、簡単に奪られる側の人間になってしまうのです。 

 

インターネットやテレビ、雑誌、新聞それぞれ同じテーマで情報を発信していても言ってることは全然違ったりしていますよね。

 

どこか一つの情報ソースだけに依存して鵜呑みにしていると情弱として搾取されちゃうよなーという話。

 

人の人生を奪るグリップ力の話

いくら人に左右されまいと思っていても、グリップ力のある人間が存在するのです。

 

あなたの周りにもいませんか?

 

そもそもこの本で言っているグリップ力とは。

 

簡単にいうと、「威圧感」ある人です。

 

・この人の頼みは断りづらい、、。

・この人の言うとおりにしなければ、、。

と思わせてくるような人です。

 

まさにウシジマくんはグリップしまくりですよね。

 

体でかいし、顔怖いし、そして口数が少ないけれど一言一言に重みがあるっていう。

 

これは素晴らしい能力なんですけど、グリップされる側は考えものですよね。

 

そう言った対処法なんかも、本書では書いてあります。

 

一つのコミュニティに依存しないことだったりとか、やはりここでも自分の軸を持って思考停止しないことが大切だと説いています。

 

自分、金に洗脳されている件

f:id:agepeople:20190622084832j:plain

この本を読んだ感想は、俺って金にめっちゃ洗脳されてるな!!

 

ということでした。

 

正直、今もめっちゃお金が欲しい。笑

 

お金があれば今ある大体の悩みは解決するし、お金がなければそもそも何も始まらない。

まあ、こう言う考え方も間違っているわけでもないと思います。

 

お金は時間と心の余裕とクリエイティビティと高める最強アイテムだと思っていますし、今もそれは変わらないです。

 

しかし、こればかりに傾倒するのは健全じゃない考え方であるなとも感じ始めていたのです。

 

だからこそ、本屋さんでこの本を取りました。

 

お金ばかりにフォーカスする問題は何かというと、、、

・他人にgiveする前にお金を求めてしまう

・お金だけを目的にすると、過程がマジでしんどい、稼いでから何すればいいかわからん

ということを感じます。

 

ペンシルバニア大学教授の、アダム・グラント氏は、「誰が成功のはしごを登るのか」を調査しました。そして彼は、成功のための重要な要因として「ギブ・アンド・テーク」に対する考え方を挙げます。

 彼は世の中の人々を、受け取るだけの「テイカー」、もらえばお返しするバランス派の「マッチャー」、そして惜しみなく与える「ギバー」の3種類に分類し、どの人々が最も成功しているかを調べました。

 最も成功してたのはどの人々なのでしょう?

 人から受け取るばかりの、立ち回りのうまい「テイカー」でしょうか?

 いいえ、違います。

最も成功していた人々は「ギバー」、つまり「人に与える」人々でした。

 「最も多く受け取る人は、最も多く与えている」というのは真実でした。

 では、逆に最も成功から遠いのは、どの人々だったでしょう?

実は、最も成功から遠いのは、どの職業をとっても、これも「ギバー」、つまり「人に与える」人々でした。

 

引用:https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1906/26/news001.html#utm_term=share_sp

 

こんな風に、お金を求めると与えると言う発想をなくします。

そうなると、お金からますます遠ざかってしまうのではないでしょうか。

 

逆説的だけど、稼ぎたい人はお金の執着のバランスを取る必要があるのかなとも感じたりします。

 

まあ、見栄を張りたいからとか浪費のためとかにお金を使わないようには気をつけようかね。。

 

んー、難しいけど、、。w

 

とりあえずはこのブログでも、自分が書きたいことよりも読者が読みたいことをいかに高品質で届けるかみたいなところにフォーカスして頑張らないとなと思う次第です。