Work

【自己啓発本】大学生は社会に出る前までに読もう。15冊を厳選!【ビジネス書初心者必見!】

ども!Sosukeです!

大学生の時期は、過ごしていて大きく変わる時期ですよね。

いきなり自由になって、どう過ごせばわからない、、。という方も多いのでは?

・もっと自信をつけたい

・もっと人生の楽しみ方を知りたい

・もっと自分磨きを極めていきたいぜ

こういうあなたにはとても読んで欲しい記事です!

というわけで今回は、大学生にオススメの自己啓発本を紹介します。

読むとマジで新しい価値観やきっかけに触れられるので最高ですよ!

世の中の素晴らしい方達が、その人の人生を本一冊にまとめてくれていて、それを1000円ちょいで買えるので、めっちゃコスパ良いですよ。

本にできるような生き方ってすごいと思いません?

一冊の本にできるほど僕の人生に内容ってないし、申し訳ないけどあなたもそうだと思います。

僕の話を少しすると、自己啓発本によって考え方が大きく変わり、

・主体性

・行動力

・コスパ良い生き方

・考え方の幅

・自信

などなど、この辺りはゲットできました。

本を読むのがあまり好きではなかったのですが、小説や文学作品とは違いあなたの悩みや生活に直結してくるところなので、本嫌いな人にとっても割と読みやすいと思っています。

自己啓発本というとなんだか恥ずかしくて堂々と外で読めないですけど、ブックカバーかけて一人で没頭すると良いと思います笑

まあこれも自意識過剰だと思うんで読むの恥ずかしいと思っている方こそとりあえず一冊は読むべき。

それでは、バンバンオススメを紹介していきます。

 行動できないあなたは『本音で生きる』 

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

 

何か行動したいけど行動できないあなたは間違いなく読むべき。 

・言い訳しない

・自分の行動に責任をもつ 

・バランスを取らずに没頭する

この辺りがキーワード。

特に大学生のあなたは、時間もたくさんあって将来なんの仕事をするのかを選ぶ段階ですし、いろいろ行動しとかないと損ですよ。

後悔しない人生を送るために、ぜひ。

 他人の目が気になるあなたは『嫌われる勇気』

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 他人の目線が気になることって当然ありますよね。

・課題の分離

・ 劣等感のない生き方

・他人との適切な距離

この辺りが、学べます。

本当にためになる本で、僕はたまに読み返します。 

ホリエモンの超売れてるやつ『多動力』

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

とにかく売れているホリエモンの本で、ココ最近の自己啓発本ならまずはココから入ったって方も多いだろう一冊です。

著者のホリエモン自身も、あらゆることを一気に同時にこなしながら生きています。

・ 自分の時間を生きて後悔のない人生を送る

・限られた時間であらゆることができるような効率的な時間の使い方

・遊ぶように生きていく生き方

これからの時代のビジネスには欠かせない考え方ですよね。

多動することでいろんなスキルが身につき、希少価値が生まれ、需要の高い人材になれます。

お金持ちになるための法則はこれ『金持ち父さん貧乏父さん』

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

お金持ちになりたいですか?

なりたいですよね。

これはお金持ちになって早々にリタイアしたロバートキヨサキさんの本です。

私たちが生きている資本主義にはルールがあります。

そのルールに気づき、行動を変えることが大切なんです。

例えば、

・貧乏人はお金のために働く

・金持ちはお金に働かせる 

などは冒頭から強調されています。

資産と負債の関係性を知っていないと、お金持ちにはなれません。

実際に、あらゆるお金の本はこの本が元になっているといっても過言ではありません。

この考え方は、ぜひ読んで知っておきたいです。

人生を楽しむ習慣をつけたいなら『夢をかなえるゾウ』

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

 

 ドラマ化もした、夢をかなえるゾウ。

ストーリー仕立てになっていて、ダメな主人公にガネーシャという像が課題を与えてそれをこなしていくとどんどん成功していく

という話。

わかりやすく、かつ笑いながら読める本になっていて、普段本を読まない人でも読みやすい。

自分を変えたい、あまり自分が好きになれないあなたはぜひ読んでおこう。

きっと人生を楽しみ成功させる素敵な習慣・考え方が身につきます。

 必ず成長できる考え方!『一流の人に学ぶ 自分の磨き方』

一流の人に学ぶ 自分の磨き方

一流の人に学ぶ 自分の磨き方

 

一流の人、二流の人の差は紙一重です。

元々の才能、能力にはあまり差はありません。

しかし、差が生まれてしまいます。

それは、小さな考え方や行動によってです。

あなたは二流で終わっても平気ですか?

どんな些細な行動にも、一流に人のそれと二流・三流の人のそれがあるんです。

それはとても小さな違いです。

この本では、そんな一流の人たちから学ぶ自分を成長させるための行動をまとめた本です。

ぜひとも、若いうちから知っておいて周りとの差をつけるべき。

したたかにコスパ良く生きていきたいなら『働き方 完全無双』

働き方 完全無双

働き方 完全無双

 

 ひろゆき氏による働き方の本。

今の時代、日本は成長ストップしているので頑張って残業しても報われない社会だし、働くとなってもしんどいことが多いと思います。

この本は、そんな不安な将来の働き方について超有用な指南をしてくれます。

・合理的に生きる

・ストレスを感じずに生き抜く方法

・無双状態で稼ぐ方法

これを知ることができます。

あなたもこれを読んで、無双状態で働いてください。

効率の良い勉強をしたいなら『アウトプット大全』

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

ゆうても、大学生は勉強する機会が多いですよね。

これは、そんな学び方の効率を最大化するための本です。

インプットよりも、アウトプットに時間を割いてしまった方が頭によく入り、結果につながるのです。

これが脳科学によって証明されています。

あなたも勉強していて、

・暗記ばかりより問題集を使って解いたら覚えが良くなった

 ・声にだして音読したら頭に入った

・友達と教えあいっこしていたら、覚えた

要はこんな感じのことを、ガチで学べるのがこの本です。

お金の基礎の基礎『お父さんが教える 13歳からの金融入門』

お父さんが教える 13歳からの金融入門

お父さんが教える 13歳からの金融入門

 

人生はマジで、お金ですよ。

お金で全て買えるわけではないけど、全てのことにお金は必要です。

お金があれば、余計な不安を感じなくていいし、大体の悩みは解決するのではないでしょうか? 

この本は、お金の知識の入門書です。

大学生はまずこのぐらいの金融知識はしっとかないとやばいかもね。

とはいえ、かなり大事なことをしることができます。

人生のクオリティを高めるなら『Think claerly』

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

 

 人生を豊かにする思考法系の本だとこれが集大成かな。

数多くの学術知識を用いた、人生の知恵の本。

お金に特化!働き方に特化!人間関係に特化!

という感じではないのですが、とにかく幅広く人生全般の生き方の知恵をテーマに書かれています。

本のどの箇所から読み始めても大丈夫なので、僕は寝る前に適当に気になったところを読んでから寝たりしていました。

資本主義を攻略したいなら『黄金の羽の拾い方』

 資本主義を合理的に攻略していくための本。

日本にある制度の歪み、バグ(黄金の羽)を拾って、人生を攻略しようという本。

資本主義の基礎、どのように立ち回ればお金持ちになれるかというテーマです。

社会構造の背景から、

お金をいかに残し豊かにしていくか

ということが書かれています。

当然のごとくお金は大事なので、知っておかないと、損しますね。

人生100年時代を考える『LIFE SHIFT (ライフシフト)』

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 

寿命はどんどん長くなっていますよね。

年金もなんか嫌な感じだし、寿命長くなっていいことなんかあるのでしょうか。

この本では、長寿化の中でどういう風に生きていけばその恩恵にあずかれるのかというのがテーマ。

これまで多くの人々は「教育→仕事→引退」という3ステージの人生を歩んできた。しかし、寿命が延びれば、70代、さらには80代まで働くことが当たり前となっていく。また、仕事のステージの長期化に伴い、ステージの移行を数多く経験する「マルチステージ」の人生に突入するだろう。
そこで必要となるのは、画一的な生き方にとらわれず、生涯「変身」を続ける覚悟だ。キャリアの選択肢だけでなく、パートナーシップのあり方も問い直される。夫婦が二人とも職を持つ家庭が増えると同時に、いずれかがステージを移行する際に、互いの役割を柔軟に調整し、サポートし合うことが求められる。すると、必然的に家族のあり方は多様化していくはずだ。 

引用:https://type.jp/tensyoku-knowhow/skill-up/book-summary/vol6/

就職前にあなたに必須!『10年後の仕事図鑑』

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑

 

これからの働き方はどうなっていくのだろうか??

AIの自動化、労働者はもういらなくなっていくのか?

これから社会で働くであろう大学生のあなたが、とてもきになるテーマだと思います。

堀江貴文さん&落合陽一さんという、バカ信頼を貯めてる人による、未来予測の本です。

ぜひ働き方を考える際に、一通り読んでみては?

 新たなお金のルール『お金2.0』

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

実は、お金の価値観は変わっていってるんです。 

マジか?

という感じですよね。

仮想通貨、電子決済、AIによる金融取引。。

どんどん環境は変わっています。

著者のサービスであるタイムバンクでは、時間を売り買い、独自の経済圏を生み出すという謎のお金のあり方。。

この本では

・お金の正体とは?

・どのようにして価値を最大化するか?

・お金から解放され幸せに今日を生きるためには?

というテーマで展開していきます。 

自分を知って就活しよう!『メモの魔力』

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

 

 前田裕二さんの「メモの魔力」

このかたは、常にメモ帳持ってて、どこでもメモを取っているんです。

そのおかげか、日常の情報を最大限に活用しアイデアを出して起業家として大成功、ノリに乗っています。

そして 、この人のメモは特殊なメソッドを使っているのです。

具体、抽象、転用、、、。

という手法などがあり、有用すぎます。

またこの本では最後の付録に、著者も行った自己分析の質問が乗っていて、それをメソッドを使ってメモにすれば自己分析が完結するので、就活準備にも使えます。

・オススメの本シリーズ↓

コミュ障が治る本のオススメランキング【元コミュ障が6つ厳選したぞ】 – SSK Blog

恋愛本のオススメ5選。初心者がモテるようになる【目的別】 – SSK Blog