ゆるふわ就活

【ニュース見ろ】就活生はニュースアプリがおすすめ!【新聞はキツい】

ニュースアプリ

この記事の結論

  • 就活生はニュースに目を通すのはマスト
  • 新聞から入ろうとすると、挫折します
  • ラクで無料なアプリを使え。dmenuニュースがおすすめです。

こんにちは。ソウスケです。

効率の良い無理しない就活、「ゆるふわ就活」をおすすめしています。

今回は、割とゆるふわかつしっかりと時事問題を攻略していく方法を書いていきますね。

結論を先に言ってしまうと、まずは就活生はニュースアプリをインストールしてニュースに慣れていくことがマストです。

無料で読めるし、見たいものを見たいときに見れるので、効率がめっちゃいいですよ。

就活生におすすめのニュースアプリも、紹介します。

dmenuニュースのアプリがめっちゃおすすめで、ドコモユーザーじゃなくても誰でも使えますよ。

就活生はニュースアプリをマストで見ておきましょう【時事は必須】

就活生は、ニュースアプリを使って、時事を攻略していくことが必須です。

  • ニュースを見ることが必須な理由
  • ニュースアプリにすべき理由

これを解説していきます。

時事問題の対策は必要です

就活って、「やりたいこと」だけでは片付かないんです。

そのためにどう行動しているか、どう関心があって情報を取っているか、そういった具体的な行動まで見られるわけです。

そのためには、その業界の時事的な知識を知っておくことは大切です。

リアルタイムで起こっていることを知っておけば、その業界に興味があることの証拠になりますよね。

もしニュースを何も把握していなかったら、「こいつ、本当にうちの業界に興味あんの?」

と、面接のあなたの発言が嘘っぽく聞こえます。

流行・一般常識を知っておくと面接や雑談で使えます

「最近気になったニュースはありますか?」

これは、面接の定番の質問です。

この質問によって、キチンと業界の研究をしているか、実際に興味があって調べているかと言うことがわかりますよね。

また、面接の質問や、テストで問題として出されるのはもちろんのこと、OBや社員さんとの座談会や雑談にも使えますよ。

というのも、社員さんはその道のプロなので、普段から業界の情報に触れていて、知識があるわけです。

そうなってくると、思わぬところで業界の用語とか、流行の業界ニュースとかを口走っちゃったりするんですよね。

そのときに、とっさに意味を理解し対応できる学生は、「できる感」が出るわけですよ。

「何それ?知らなーい」となる気持ちもわかりますが、知識はないよりある方がいいに決まってます。

【つまらない】新聞読むのはキツイですよ【有料の苦行】

とはいえ、情報を取りに行くために、新聞を読むのはきつすぎます。

だからアプリを使うべきなんです。

大学では

「就活生は新聞を読むものだ。」

「日経新聞を読め!」

とか言われることが多いですが、ぶっちゃけ無理じゃないですか。

先生にそう言われて、果たしてどれだけの就活生が新聞を読むのでしょうか?

実際に新聞を読んだ人は、ほとんどいないのでは無いでしょうか?

僕も新聞は読んでいません。

有料でそんなお金の余裕はないし、何よりつまらないからですね。

ちなみに、日経電子版だと、月額¥4,200らしいですね。

確かに、情報の質は良いとは思うのですが、、。ちょっといきなりハードル高くて挫折したときに辛いです、、。

そして、「読まなきゃいけない!」という呪縛を排除して、ラクに情報を入手できるニュースアプリを使い始めたところ、すごく良かったので、僕はまずはアプリを使うべきと考えてます。

気が向いてから、課金して新聞取ればいいだけだしね。

「読まなきゃいけない」と考えると萎える【現実は読まなくても内定】

日経新聞を読まなきゃいけないんだ!と考えてしまうとハードル高くて萎えますよね。

物事を継続させたり新しいことを始めるコツは、2つあります。

  • 挑戦するハードルを低くする
  • できなくても自分を責めず、ゆるゆる継続する

これが大切だと思っています。

ですので、新聞よりラクなニュースアプリすら使ってないのにいきなり新聞読むのって超大変なんですよ。

ただでさえ気が進まないのに、ハードル高いっていう。

んで、新聞を読むのが正解で、その他は不正解!

みたいな感じに洗脳されちゃって、先にアプリから挑戦することもせず、新聞にビビって結局何も動けないんですよね。

実際のところ、日経新聞を読まなきゃいけないとか、そういったことはなかったですよ。

就活生は新聞ではなく、ニュースアプリを入れておけば大丈夫なのです。

どうしても日経新聞を読みたいなら読んだ方がいいけど、せめてニュースアプリくらいはサラサラ読めるくらいにはなってないとしんどくないですか。

テレビのニュースも、スピードが遅いです

ちなみに、テレビのニュースを見るのもキツいですよね。

テレビは割と高齢者向けなので、高齢者が理解できるようにゆっくり喋ります。

そして、自分の好きなタイミングにニュースを見ることができませんよね。

スマホのニュースアプリであれば、好きなタイミングに好きな速さで読むことができるので、時間を有効に使えます。

移動中とか、説明会と説明会の間などに、ちょこっと見れば良いので負担があまりないんですよね。

【失敗】ニュースを把握していなくて、面接で質問に答えられなかった

ちなみに僕は実際に就活をしていて、ニュースを読んでいなくて失敗したことがあります。

就活を始めて最初の面接で、洗礼を浴びました。

失敗例:面接で答えられない

僕の思い出深い失敗例は、割といきたかった企業からの質問で、定番の

「最近気になった業界のニュースはありますか?」

と聞かれたときに、全然ニュースを見ていなかったので、答えられなかったことですね。

興味があるとは言ってるけど、実際にはニュースも見ていないということがバレて、微妙な空気になってしまい、そのあとの質問にもうまく答えられなかったです。

結果的に僕はその企業に落ちています。

そのときに、ちゃんとニュースを見ようと決意したんですね。

新聞を読もうとして、即挫折

日経新聞がいいと聞いて読もうと一瞬思ったんですけど、小難しすぎませんかね。。

まさに、「生理的に無理」と言う感想を抱きました。

もちろん、即挫折しました。

結局ほぼ読んでないですからねw

よく考えたら、ニュースもまともに見たことがなかったので、新聞が無理なのは当然でした。

知識を入れておくと、割と就活しやすい

ニュースアプリでニュースを見ておくと、何かと役立ちました。

社員さんが何を説明しているのかわかったり、エントリーシートに書ける内容も増えていきます。

志望動機にちょと絡めたりもできました。

わかりやすく問題として出題されること以外にも、時事ネタの活かせる範囲は広かったですよ。

ニュースアプリは、dmenuニュースでOKです【めっちゃラク】

最後に、僕が使っているニュースアプリを紹介しますね。

とりあえず、dmenuニュースをインストールしておくとめっちゃ調子良いですよ。

無料で使えて、短時間でニュースがサクサク入ってきます。

ドコモが出してるので、安心して、サクサク使えるんですよね。

とにかく短時間でスパッと読めます

一日の主要なニュースをまとめてトップページに表示してくれるので、「今日何があったか」を秒で把握することができるのです。

特に後ほど解説するタブの機能でダイジェストを見れば、一日の10大ニュースを見ることができて、捗りますよ。

コメント欄があるわけではないので、ユーザーの感想が見れないのはデメリットですが、その分サクサク感があって短時間で読めるのがいいところです。

欲しい分野の情報だけカテゴリ登録してタブを作れます

アプリのトップページに好きなタブを設定できて、並び替えもできるんです。

こうすることによって、見たいカテゴリを優先的にチェックすることができて、効率が良いです。

これはめっちゃ使いので、好みのキーワードを検索して、登録しておきましょう。

就活生なら、いきたい業界や企業名で検索してカテゴリを登録してすぐ見れるようにしておけば、無駄な情報を読まずに済みますね。

ちなみに、僕は乃木坂が割と好きなので、「乃木坂46」のタブを登録しています。

これで、乃木坂の情報は逃すことなしです。

無料で、ドコモユーザーじゃなくても使えるので、とりあえずダウンロードしておいて損ないですよ。

一応、天気予報や乗り換え案内もこのアプリで済ますことができるので、それも活用するとなお良きです。

就活は名刺が必須!?有利になる活用方法、管理アプリを紹介! こんにちは。ソウスケです。 就活って、色々知らないことばかりで不安ですよね。 何も知らないまま就活に挑むと、思わぬ...
【新卒】スカウトサイトのおすすめ3選【意識低い系ゆるふわ就活】スカウトサイト、別名で逆求人サイトともいいます。これは、通常の就活生が企業にエントリーするリクナビのようなサイトとは異なり、企業が学生に歩み寄っていくタイプの就活サイトです。それでは、コスパよく就活したい就活生はとりあえずスカウトサイトに登録しておかないと損だよという理由を解説していきますね。...