恋愛・モテ

優しい男はモテない理由。エゴを出して恋愛対象に入れ。

優しい男

優男
優男
優しい男はモテるって思っていたんだけど、いい思いをしているやつって実はあんま優しくないんじゃない!?

僕は優しいことが取り柄だと思うんだけど、全然モテない、、。

こんなあなたが勘違いしている、モテの本質に迫っていきます。

結論として、優しい男はモテないですよ。

特に、付き合うまでにいかないことが多いんじゃないでしょうか?

友達としての関係性であればめちゃくちゃいいやつになれるんですけど、それじゃ女性を振り向かせることができないんですよね。

というわけで、優しいことが理由でモテない男性は、マイルドヤンキーになれば解決です。

「ちょっとそれどういう意味?」

と、気になったあなたは、少々おつきあいくださいませ。

この記事を読めば、優しい男がなぜモテないのか、そして何をすればいいかわかります。

ヒントを一応書いときますが、、

  • 優しさを出すと、恋なんて始まらない
  • 共感せずに、自分の欲望に忠実になれ

です。

優しい男がモテない理由【付き合う前に共感はいらない】

結論として、優しい男はモテないんです。

これって、めっちゃ意外じゃないですか?

じゃあ、なんで優しい男ってモテないんでしょう?

優しい男は共感能力が高い【付き合う前に共感はいらない】

優しい男って、相手の気持ちを想像しちゃうんです。共感能力が高いんですよ。

ですが、付き合う前の恋愛に共感っていらないです。

共感能力を発揮するのは、付き合った後からでいいのです。

もし、付き合う前に共感能力を発揮しすぎてしまうと、次のようなことが起きてしまいます。

合わせようと必死になる。媚びてる感はモテません

共感しようとすると、相手に合わせることになりますよね。

付き合う前の段階で、相手に合わせるのって不毛ですよ。

なんでかって、付き合う前はとにかく早く関係性を進展させたいじゃないですか。

もし合わせていたら、ずっと停滞です。

イメージとしては、こんな感じ。

  • 付き合う前の共感→関係性が発展しない。関係は停滞。
  • 付き合った後の共感→すでに付き合ってるんだから、現状維持で構わない

まあ現状維持するにあたっても、合わせるだけじゃダメなんですけど、一旦割愛します。

関係性を発展させたいのであれば、当然のごとく、あえて相手の気持ちを無視する行動が必要になってきます。

相手のことばっかり考えていたら、デートなんて誘えない【迷惑と紙一重】

共感能力が高すぎて相手に合わせ過ぎると、行動できませんよ。

先ほど書いた、あえて相手の気持ちを無視する行動っていうのが、連絡先を聞いたり、デートに誘ったり、告白したりすることなどです。

これらの行動って、どちらかが勇気を出してやらないとできないですよね。

なぜかというと、デートに誘うのって、必ずしも相手が望んでいないからです。

成功率って、どんなモテる男でも100%じゃないんですよ。

相手によっては、どうやったって共感ゼロの迷惑行為になってしまう可能性をはらんでいるわけです。

つまり、恋愛をスタートさせるには、共感を一旦排除して、相手の気持ちを無視しないと始まりませんよってことです。

次に、モテない優しい男とは対極にいる、モテる男の例を挙げてみましょう。

【偏見あり】ズカズカ踏み込んでくるマイルドヤンキー【共感しないエゴイスト】

マイルドヤンキーは、モテますよね。

モテ方が似ているところでいうと、ホストとか、サイコパスっぽい男です。

僕の地元のマイルドヤンキーは、めっちゃズカズカ人のプライベートに踏み込んできます。

彼らの共感能力は、皆無です。

ですが、マイルドヤンキーは決まって僕らが憧れていた、クラスの一番可愛い女の子と付き合っているのです。

そんなモテるマイルドヤンキーがモテる理由は、優しさとは言い難い共感ゼロの行動力の賜物です。

自分のことだけ考えれば行動できる

マイルドヤンキーは、割とその場の欲求に忠実に動いていますよね。

  • 自分の立ち位置関係なしに、可愛い子にアタックしまくるし
  • 将来のための手堅い人生設計よりも、直近の幸せを楽しめるイメージ。

こんな感じで、とにかく自分の欲望に素直なんですよ。

「相手がこう思っていうそうだから〜」とかじゃなく「俺はこうしたいから〜」が強いんです。

自分のことしか考えないからこそ、遠慮しないし、行動的になれるわけです。

マイルドヤンキーは、恋愛の教科書説。

優しい男はモテないと知り、改善した僕の体験談【頼りない】

過去の僕は、モテないことで悩んでいました。

そして、あなたと同じような優しいがゆえにモテない男だったんです。

モテない僕は、優しさを勘違いしていた

完全にモテない優しさばかり発揮していました。

媚びることで、気に入られようと必死だったんです。

優しいを売りにしていたモテない僕の、具体的な行動はこちら。

  • 気に入ってもらうため、頑張ってご飯を奢る。
  • デートの行き先は、相手の意見を全て聞き入れる。
  • 相手がいやかもしれないから、デートに誘わない。

こんな感じ。

とにかく合わせることが優しさだと思っていました。

想像がつくかもですが、これでは都合の良い男になってしまい、とにかく鬼のように搾取されます。

相手のことを考えないと、逆に相手に好かれる

恋愛って不思議なもので、相手のことを考えるのをやめて、自分の欲望のままに行動するようにしたところ、好かれるようになりました。

マイルドヤンキーと化したモテる僕の具体的な行動は、以下の通り、

  • お金がないから、奢らない。
  • デートの行き先は、僕がいきたいところに行く
  • 相手はどう思ってるか知らんけど、デートに誘う
  • デートの誘うときは、僕が暇なところを日付指定で提案。
  • 気が乗らない誘いは、断る

こんな感じで、全て僕のやりたいようにやっています。

こうすると結果、女の子に喜んでもらえました。

優しい男はモテない。エゴを出してつまらない男を卒業しろ

今はモテない優しい男かもですが、これはすぐに解決可能です。

もちろんあなたの優しさは長所です。

これは、付き合った後に発揮できます。

付き合う前は共感低めでアプローチしていきたいのですが、共感能力が高いという自分の特徴を理解しておけば、行動を変えることができます。

付き合う前はどういうことを意識しておけば良いか、書いてみました。

主張しろ

とにかく、あなたの欲望を主張しましょう。

自分は「共感能力が高い優しい男タイプ」だとわかっているからこそ、意識的に主張するんです。

  • デートの行きたいところがあれば、主張
  • 声をかけたい可愛い女の子がいたら、一旦話しかける
  • 手を繋ぎたくなったら、手を繋ぐ

理由は、「俺はあなたに興味があって、俺がそうしたいから」でOK。

欲望のままに主張すると、あなた優位な関係ができる

恋愛においては、リスペクトが必須。

あなた優位な関係を作ると、求められるようになっていきます。

欲望のままに主張することで、あなたに優位性が生まれ、リスペクトされ、好かれていきます。

恋愛はエゴとエゴのシーソーゲーム。

結局のところ、恋愛はエゴとエゴとシーソーゲームなんです。

お互いがやりたいようにやるから、不安になったり、楽しくなったりするんですよね。

こういった感情の揺さぶりが、ドキドキを生みます。

あえて相手の気持ちを考えない、自分の欲望に素直な行動は、予想外です。

予想できないから、感情が揺さぶられます。

ぜひ、あなたも女性の感情を揺さぶる恋愛プレイヤーになってみてください。

読んでいただきありがとうございました。

女性との会話のコツを知りたいあなたはこちら。

女性をうまくリード
女性とうまく話せないのはメンタルが原因です【少しずつ成長する方法】 こんなあなたに向けて、今回は女性とうまく話せない理由を書きます。 また、記事の後半では今より10倍女性と話せるようになる方法を伝授し...

なるはやでデートできる出会いが欲しいあなたはこちら。

すれ違いアプリで出会う男女
【無料あり】すれ違いで出会えるアプリ4選【サクッとその日にデート可能】  今回はこのお悩みを解決します! どうも。マッチングアプリ大好き芸人のソウスケです。 マッチングアプリを使っていると、「意外と住まい...